英語コラム

無料体験レッスン
親世代とはまったく違う!? 英語教育今昔物語

親世代とはまったく違う!? 英語教育今昔物語

親世代とはまったく違う!? 英語教育今昔物語

皆さんは学生時代にご自分が受けた英語教育を覚えていますか?
覚えてはいないけど、役に立っているかどうかと聞かれたら役立っていない。
そう答える人も少なくないかと思います。

学校教育はもちろん、学生時代に英会話教室や英語塾に通っていた人でも同じような意見を持っているかもしれません。

しかし、そのころの英語教育の認識でご自分のお子さんに英語を学ばせるかどうかを決めるのはちょっと早いかもしれません。

今回は今と親世代の皆様の英語教育の差についてご紹介します。

昔は「読み」と「書き」に力を入れていた

親世代の学校の英語のテストは主に学校の教科書にそっていました。
そして「単語」「空欄補助」「並び替え」「長文」「文章作成」の問題が中心だったかと思います。
また「リスニング」のテストもありましたが、かなり遅い会話や説明を聞いて質問に答えるという内容だったではないでしょうか。

授業も教科書を読み上げ、和訳して内容を覚えるというものがほとんどだったことでしょう。
「リスニング」にしても、テストでは毎回出題されるにも関わらず、学校の授業では数えるほどしか勉強していない学校が多いのではないでしょうか。

これらの授業も決して無意味なものではありませんが、英語を話せるようになるための授業内容でないことは確かです。

これからの英語教育は実践力重視!

これからの英語教育は実践力重視!

今までの英語教育とは打って変わって、これからの英語教育では「読み」「書き」「聞き」「話す」能力を総合的に育てていくためのカリキュラムになります。

また、今までは中学校から本格的に勉強していた英語を小学校中学年から学ぶようになるのです。

さらに、今まで問題だった「受験英語」と「実践英語」の差も見直されることになりました。
いままでは偏差値の高い高校や大学に受験で英語の点数が良いけど、実際英語を話すとなると全くできないという学生がかなりいました。

このような事態を解消するために、今後の受験でも文法を中心とした「受験英語」よりも、実際に海外に出て英語でコミュニケーションや意志の発信ができる「実践英語」の力をはかるようになったのです。

「使えない」英語から「使える」英語へ

おそらく親世代の皆さんは学校で「今何時ですか?」を「What time is it now?」と学んだのではないでしょうか。
実際に海外に出れば「Do you have the time?」と使われることの方が多いのですが、日本では文法重視の関係上「What~」で教えています。

このようなギャップが、これからはドンドンと無くなっていきます。
いずれは「日本人=英語が苦手」という認識もなくなり、他の先進国同様に第二ヶ国語として英語を話せて当然という社会になるかもしれません。

それに備えて、ぜひ皆さんもご自分のお子さんたちに小さなころから素敵な英語体験を積ませてあげてはいかがでしょうか。

< 前の記事へ    次の記事へ >

ホーム > コラム > 親世代とはまったく違う!? 英語教育今昔物語