英語コラム

無料体験レッスン
小学生から始める実用英語テスト「TOEFL Primary」

小学生から始める実用英語テスト「TOEFL Primary」

小学生から始める実用英語テスト「TOEFL Primary」

今まで小学校高学年や中学校から勉強していた英語が、2018年より小学校3年生から必修化として扱われることになりました。
そして2020年からは小学校5年生より成績のつく教科として扱われることになったのです。

それにともない、小学生のうちから英語の試験を受けさせようと考えるご両親もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなご両親におすすめしたい「TOEFL Primary」をご紹介します。

続々と増える子供向け英語力測定テスト

小学生でも受けられる英語力をはかるテストで真っ先に上がるのは英検5級ではないでしょうか。
現段階でも早ければ小学校高学年の内に受験し、合格するお子さんも少なくありません。

しかし今や、小学生やそれ以下が受験できるテストはかなりのバリエーションが増えました。
「ACETテスト」や「子どものための基礎英語検定」などがそうです。

「TOEFL Primary」の特徴とメリット

「TOEFL Primary」は英語を学習している8歳児以降から中学生までのお子さんを対象に作られたテストです。

これにより、小学校中学年から英語のテストを受け、お子さんたちは自分の英語学習の成果を見ることができます。
また、従来の「TOEFL」と同様に合否を見るものではありません。
点数を見て現状の英語力の目安にできるので、お子さんたちの学習意欲を刺激する効果が期待できます。

試される「読む」「聞く」「話す」力

試される「読む」「聞く」「話す」力

今までの英語の技能テストは「暗記」と「読解」の力をはかるという傾向がありました。
しかしこの「TOEFL Primary」ではより実践的な力をはかれるよう、「リスニング」「リーディング」「スピーキング」の能力を測定するようになっています。

また「TOEFL Primary」で英語の基礎力を身につけたお子さんは、さらにその次のランクの「TOEFL Junior Comprehensive」を11歳から受けることが出来ます。
これにより小学生のうちから4技能式のテストを受け、高校・大学受験に向けた準備を周りよりも早い段階で始めることができるのです。

留学には「TOEFL」 就職には「TOEIC」

「TOEFL Primary」を始めとした「TOEFL」テストは、海外への留学の際に必要となる英語力を計るテストです。

一方「TOEIC」は、日本企業が英語でビジネスをする際に必要となる英語力を計ります。
当然、就職や社内での昇進の際に必要になってくるのは「TOEIC」です。

お子さんに留学をして世界のことを学んでほしいならば「TOEFL」がオススメですが、就職などを見越した場合は「TOEIC」が重要になります。

「TOIEC」もまた、幼少期からの英語学習で将来高得点を取れるテストです。
ぜひお子さん達の将来を想定し、早い段階から準備を始めましょう。

< 前の記事へ    次の記事へ >

ホーム > コラム > 小学生から始める実用英語テスト「TOEFL Primary」