英語コラム

無料体験レッスン
2018年から成績がつく小学校の英語授業

2018年から成績がつく小学校の英語授業

2018年から成績がつく小学校の英語授業

2020年を目標に、日本の英語教育は「読む」「聞く」を中心に学ぶスタイルから、「読む」「聞く」「話す」「書く」を総合的に学ぶ4技能方式へと変わります。

その影響は中高生のみならず小学生にも出ることとなります。
中高で4技能方式での勉強を可能にするため、小学校での英語の授業を「成績評価」し、基礎力をつけようという動きが出ているのです。

まずはその先がけである2018年からの小学校の英語教育についてご説明します。

小学校5年生から英語に成績がつく

小学5・6年生は2016年現在、授業外「活動」として週1回の英語の勉強をしています。
それが2018年から移行期間、2020年から「正式な教科」となるようです 。

授業時間は週3回へと増え、そして成績評価もつくようになるのです。
小学校では、今の中学1年生が行うような勉強を行い、さらには簡単な英会話もできるよう指導することになります。

正式な教科になるということは、定期的なテストも行われ、そして通信簿に評価がつくということです。
そのため他の4教科と同様の勉強が必要になってきます。

英語の勉強は小学校3年生から

小学校5・6年生の英語が正式な授業になるにともない、今の小学校5・6年生が行っている『外国語に親しむことを目的とした教科外の活動』が、2018年からは小学校3・4年生から始まることになりました。

英語教育は早期から取り組んだほうが効果が高いことは、以前から指摘されていました。
本格的な学習への準備が早くなることに、子どもは勉強についていけるかと心配をしているご両親もいるかと思います。

しかし、小学校3年生から英語を勉強し始めるのは決して早くも大変でもありません。
各小学校により小学1年生から英語を勉強しているという事例もあります。

小学校3年生よりも早くから準備を始める

小学校3年生よりも早くから準備を始める

小学校3・4年生の学校での英語は、小学校5・6年生の英語の授業の準備のために行われます。
しかし、それだけで本当に充分なのかと考えるご両親も少なくないのではないでしょうか。

そこで小学校3年生からの英語教育の開始よりも早く、学校以外でも英語教育を始めてみてはいかがでしょうか。

各地域や学校により既に小学1年生から英語授業を行っている学校もあるようです。

また、2・3歳という早い段階から毎週英語を勉強することで、小学校3年生までには確かな実力と自信がつくことでしょう。

その実力と自信が、子ども達が英語を好きになるための第一歩となり、子ども達が学校での英語の授業で苦労することも防げるようになることでしょう。

< 前の記事へ    次の記事へ >

ホーム > コラム > 2018年から成績がつく小学校の英語授業