英語コラム

無料体験レッスン
英会話と英文法の両立で伸びる英語力

英会話と英文法の両立で伸びる英語力

英会話と英文法の両立で伸びる英語力

「日本人は英文法ばかり重要視するから、いつまでたっても英会話ができない」

日本人が英語が苦手な理由として、上記のような意見はよく耳にするかと思います。
今やこのような考え方が中心になり、英会話を集中して教える塾などが増えています。

これははたして正しいのでしょうか。

真の英語力を身に付けるためには英文法も重要である理由をご紹介します。

「英語は通じれば良い」は、どこまで許されるか

英文法を重要視しない方々の言い分としては「英会話は通じることが重要」という考え方があります。

多少の英文法の間違いには目をつぶり、それよりも流暢に意志の疎通ができることの方が重要だと考えているのです。
確かに、これは旅行や日常会話においては通じる考えです。

しかし、ビジネスにおいてはそうは行きません。ビジネスの場合、文章によるやり取りが会話以上に多くなります。
その際に相手に自分の考えを正しく伝えるには、正しい文法が必要になるのです。

馬鹿にできない中高の英文法

日本の学校における英語教育は、文法にばかり重きを置いていると以前より非難されていました。
その影響を受けてか、日本の学校も十数年をかけてALTの先生やオーラルコミュニケーションの授業の導入が行われました。

しかし、それにより英語を話せるようになったという方は稀です。
むしろ、英文法を学ぶ時間が減ったことによって英語力そのものが低下したと指摘する人もいます。

日本の中高で教わる英文法は、まさに英語力の基礎の基礎です。
算数で言えば九九の計算に当たると言って良いでしょう。

英語学者の中には「中高生で習う英文法の例文を暗記すると、頭の中に英語思考回路ができ上がり、なんでも英語で表現できるようになる」とまで言う人もいるのです。

英会話だけを重点的に勉強するリスク

英会話だけを重点的に勉強するリスク

英文法をおろそかにして英会話ばかりを練習すると、間違った文法の台詞やフレーズをそのまま覚えてしまいます。
いわゆる「ブロークン・イングリッシュ(砕けた英語)」と呼ばれるものです。

英語を普段の会話で使わない国で、観光客を相手にするときに使うような英語です。
おそらく多くの人が目標としている英語とは、程遠い英語かと思います。

文法を勉強せずに英会話ばかりを勉強すると、この「ブロークン・イングリッシュ」が癖になってしまうのです。

そうならないためにも、お子さんには英文法と英会話の両方をバランス良く教えることが大切です。

< 前の記事へ    次の記事へ >

ホーム > コラム > 英会話と英文法の両立で伸びる英語力